2017年04月12日

[Android] 100マス計算をアップデートしました

Android版100マス計算をアップデートしました。
難易度(ムズ、激ムズ)が追加されました。

iOS版から遅れていますが、難易度を追加しました。
他にも、ゲームの戻るボタンを小さくしたり、古くなった広告を変えたりも
しました。

広告はUnityAdsを新しく導入しています。
動画広告はどこまで収益に繋がるかなー。

Android Studioにはまだ慣れていないので、手探り状態での作業でした。
iOSのCocoaPadも大変でしたが、Androidのgradleも癖があって大変でした。
これからはもう作成ツールに変更は出ないで欲しいです。。。

Google Play:
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.jpn.bestyle.hundred_squzres_calc&hl=ja
posted by be-style at 22:35| Comment(0) | Release

2017年04月10日

[AWS] Lambda 関数にトリガーを設定しようとすると「The requested resource exceeds the maximum number allowed」が出る

Lambda関数を指定した時間で起動したいとき、トリガーを設定することで
実現できます。

トリガーには、クーロンと同じように「0 * * * MON-WED *(毎週月曜から水曜の0時」
といった「ルール」を設定できます。

同じルールを他のLambda関数にも適用できるので、どんどん適用していったのですが、
6つ目から、

--------------------------------------------------
トリガー [ルール名] を有効にできませんでした:
The requested resource exceeds the maximum number allowed.
--------------------------------------------------

スクショ20170410_1.png

というメッセージが出るようになりました。
これは「1つのルールにつき対象(ターゲット)は5つまで」という制限があるからでした。

このメッセージを無視してLambda関数に適用していったので、6つ目以降のLambda関数は
時間になっても発動しなかったのでした。

各ルールにどんな対象(ターゲット)が設定されているのかは、
Cloud Watch > ルール
の画面で確認することができます。

スクショ20170410_2.png

また、ルールを編集したり追加したりしたいときは、

CloudWatch > ルール > 該当ルールを追加(編集) > ターゲットを追加(編集)

で行えます。
posted by be-style at 09:35| Comment(0) | Web

2017年04月07日

[iOS] 100マス計算をアップデートしました

今回のアップデートの目玉は、

・都道府県対抗ランキング
・練習モード

です。

@都道府県対抗ランキング
3_prefecture640_ja.jpg

甲子園を見ていたら郷土愛を感じて、100マス計算のランキングでも都道府県対抗戦を
やってみようと思い実装しました。
出身地がどこまで活躍できるかは自分次第なので、盛り上がって欲しいなー。

A勉強モード
4_study640_ja.jpg

時間に追われるゲーム要素を無くして、じっくり基礎勉強をしようというモードです。
全体が見渡せるので、規則性に気付きやすいようになっています。

息の長いアプリなので、これからもゆっくりと成長させていきたいと思います。

App Store:
https://itunes.apple.com/jp/app/100%E3%83%9E%E3%82%B9%E8%A8%88%E7%AE%97/id534131439?mt=8

技術的な話をすると、都道府県対抗ランキングはAWS lambdaとdynamoDBで実装しました。
両方ともサーバーレスのサービスなので、四六時中運用に注意を払う必要はありません。
しかも自分のアプリの規模だと無料枠に十分収まるというので、
非常に助かります。
両サービスともに癖はあるけど、強みを活かせば便利なサービスです。
posted by be-style at 08:54| Comment(0) | Release