2013年08月26日

[Web] AWSを使ってみる APHPでPOSTして外部APIを使ってみた

EC2のインスタンスを立ち上げて、無事Webサイト(index.html)が表示されました。
次は、PHPを使ってみます。

ここでの流れは、この通り。

@PHPから外部APIを呼ぶ
A返ってきた値(JSON)をパースする
B欲しいデータを表示する



@PHPから外部APIを呼ぶ
細かい説明は抜きにして、コードです。
※[]で囲った部分は適宜書き換える必要があります
===========================================
<?php

// 外部APIのURLを指定
$url = '[APIのURL]';

// おまじない
$data = array(
'pattern' => 'htmlspe',
'show' => 'quickref',
);

// おまじない
$headers = array(
'Content-Type: application/x-www-form-urlencoded',
'Content-Length: '.strlen(http_build_query($data))
);

// 外部APIにはPOSTするので!
$options = array('http' => array(
'method' => 'POST',
'content' => http_build_query($data),
'header' => implode("\r\n", $headers),
));

// $json に外部APIの結果が保存される
$json = file_get_contents($url, false, stream_context_create($options));
===========================================
ここで、
print $json;
とすると、返ってきた中身が確認できます。

【参考】
とても簡単にPHPからPOSTリクエストを送信する方法【PHP】


A返ってきた値(JSON)をパースする
B欲しいデータを表示する

外部APIの返り値がJSONの場合、欲しい値を取得するにはパースする必要があります。
===========================================
// @の続き
// JSONをデコードして配列に入れる
$obj = json_decode($json, true);

// foreachで辿りながら欲しい情報を取得する
// JSONの階層が4つまである場合
foreach ($obj as $key => $value) {
// 第1階層
echo "$key -> $value";
foreach($value as $key => $value) {
// 第2階層
echo "$key -> $value";
foreach($value as $key => $value) {
// 第3階層
echo "$key -> $value";
foreach($value as $key => $value) {
// 第4階層
echo "$key -> $value";
}
}
}
}

?>
===========================================
PHPには json_decode() といった便利な関数があるのですね。
デコードした後は、欲しい情報がある階層まで掘り下げて検索していきます。

【参考】
twitterの検索結果をphpでjson使って表示する【たった7行】

ちなみに、JSONはそのままだと文字が並んでいて読みにくいので、
こちらの整形サービスを利用することをオススメします。

JSON整形サービス

よーし、次だー。
posted by be-style at 19:34| Comment(0) | Web

2013年08月25日

[Web] AWSを使ってみる @EC2とRDSの立ち上げ

忘れない内に備忘メモとして残しておきますー。

Unityアプリでサーバー連携をやろうと考えています。
現在はさくらVPSですが、最近、AWS(Amazon Web Service)が気になってます。

AWSにすることのメリットは

・アクセス状況によって資源を増減できる
→アクセス数が多い日が予想できたら、サーバーを増築できる ※自動で!
→さくらVPSだと固定なので、プラン変更が必要だしデータ移行が必要

・アプリ向けサービスが増えてきそう
→プッシュ通知の仕組みを自前で用意するのは大変だけど、最近AWSで簡単にプッシュ通知を
 使えるサービスが登場しました
 http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1308/19/news081.html

現在は、最小プランで750時間(約1ヶ月)が無料で試せるということで
調べるよりも体験した方が早そうなので早速AWSを触ってみることにしました。

無料枠について:
http://aws.amazon.com/jp/free/

早速、参考書を購入。
よくわからない!
ハードルが高かったようです orz

ということで、初心者向けのサイトを発見!
これはわかりやすかったです。

ドットインストール Amazon Web Services入門:
http://dotinstall.com/lessons/basic_aws

これを見ながら、EC2とRDSのインスタンスを立ち上げました。
ただし、管理画面が現在のもと若干違うので、

#11 スペック変更とEC2からの接続

でのSecurity Groupの設定(EC2) については、画面左側になります。

aws001.png


■今回のおおまかな流れ
@EC2でインスタンス(Webサーバー)を立ち上げる
 →SSHでログイン
 →Apache、PHP、MySQLのインストール&起動
 →各種設定
ARDSでインスタンス(mySQL)を立ち上げる
BEC2からRDSに接続する
 →MySQLコマンドがドットインストールと違うので注意!


■詳しく!
@EC2でインスタンス(Webサーバー)を立ち上げる
・EC2の立ち上げはドットインストールのとおり
・SSH接続で使用する証明書は、ダウンロード後に権限を「400」に変更する!

●EC2にSSHでログインするときのコマンド ※インスタンス右クリック「Connect > Connect with a standalone SSH Client」
$ ssh -i [証明書] ec2-user@xx.xx.xx.xx

・Apacheのインストール ※-y を付けることで、yを入力する手間を省く
$ sudo yum -y install httpd

・Apacheスタート、自動起動設定
$ sudo service httpd start
$ sudo chkconfig httpd on

・ブラウザからアクセスしたときに表示するHTMLを編集
$ sudo vim /var/www/html/index.html
【参考】vi コマンドリファレンス

・PHPインストール、バージョン確認
$ sudo yum -y install php
$ php -v

・MySQLインストール、バージョン確認
$ sudo yum -y install mysql
$ mysql --version

・PHPからMySQLを使えるようにするためのライブラリをインストール
$ sudo yum -y install php-mysql

・使うかわからないけど、ライブラリをインストール
$ sudo yum -y install php-gd
$ sudo yum -y install freetype-devel
$ sudo yum -y install php-mbstring
$ sudo yum -y install php-xml
$ sudo yum -y install libcurl-devel
$ sudo yum -y install php-mcrypt

・タイムゾーンを日本に設定
$ date
2013年 8月 25日 日曜日 04:29:02 UTC ←デフォルト
$ sudo cp /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime ←タイムゾーンを日本に変更
$ date
2013年 8月 25日 日曜日 13:30:53 JST ←日本時間になった!

【参考】
AWSにApache+PHP+MySQLとphpMyAdmin,vsftpdを導入する手順
Amazon EC2 (Amazon Linux) での ApacheとPHP インストールと設定
AWSでAmazon Linuxを起動したらやること(タイムゾーンの設定)


ARDSでインスタンス(mySQL)を立ち上げる
ドットインストール(#10 データベースを立ち上げてみよう)のとおり

EC2からRDSにMySQLでアクセスするために、Security GroupにMySQL(3306)を追加します。
スクリーンショット 2013-08-26 7.30.48.png

BEC2からRDSに接続する
ドットインストール(#11 スペック変更とEC2からの接続)のとおり
サイトに掲載されているmySQLの接続コマンドでは接続できませんでした!

●成功したコマンド
$ mysql -h [Endpoint] -P 3306 -u [RDSインスタンスのユーザー名] -p
※Endpoint末尾の「:3306」を消して「-P 3306」にしました

・MySQLにログインしたら、自分で作ったDBが存在するかチェック
mysql> show databases;
+--------------------+
| Database |
+--------------------+
| information_schema |
| innodb |
| mysql |
| performance_schema |
| test01 |    ← 自分で作ったDB
+--------------------+


これでEC2とRDSのインスタンス立ち上げ、最低限のチェックができました。

まとめると短いですが、ここまでで2日かかってます orz
はじめてのことは、ハードル高いぜ!

次は、EC2とRDSを使って色々とやっていきたいと思います。
posted by be-style at 13:58| Comment(0) | Web

2013年07月13日

[Web]DFPスタンダードの登録申請でAdsenseのIDが無効と言われたときの対応

広告配信を管理するツールとして「DFPスタンダード」というものがあります。
まずはこのフローチャートを見て、自分に必要かどうかを考えてみました。

DFPスタンダードとは:
http://www.google.co.jp/intl/ja/dfp/info/sb/how_it_works.html

フローチャート:
http://ads-meeting.com/level3/340.html

これは試してみないと!
ということで、早速登録申請へ。


登録申請画面:
http://www.google.co.jp/intl/ja/dfp/info/sb/

すると、既にGoogle Adsenseのアカウントを持っているにも関わらず、
「AdSense サイト運営者 ID」の入力のところで

AdSense の運営者 ID が無効です。

と怒られてしまいます。

そんなときは、上記登録画面の「お申し込み」ではなくて「ログイン」から
登録申請することができます。

20130713dfp001.png

こちらの方が入力項目がなく、スムーズに登録申請できました。

20130713dfp002.png

言語を決めて、

20130713dfp003.png

タイムゾーンと通過を決めるだけ!

20130713dfp004.png

申請自体はほんの数分だけど、この解決方法を探すのに時間がかかりました……。

「DFPのよくある質問」にもありますが、
月間の広告表示回数が9,000万未満なら無料です。

個人開発者には充分ではないでしょうか。

ということで、試してみますー。
posted by be-style at 05:11| Comment(0) | Web