2012年08月25日

[Study] 第7回Unity勉強会 で使用された資料

備忘メモとして。
ブログのカテゴリにも「Study」を追加。

■@kyusyukeigo さん
WebPlayer面白いよ:
http://kyusyukeigo.appspot.com/#1

WebIntentsを使いたかった:
http://kyusyukeigo.appspot.com/#59


■@rodostw さん
「もののけ対戦”陣”」制作事例 Unityで美麗2Dゲームを作る秘訣:
http://www.slideshare.net/RyoheiTokimura/ss-14048278

posted by be-style at 06:28| Comment(0) | Study

2012年03月30日

[Study] 第3回 渋谷Unity技術勉強会 備忘メモ

「第3回 渋谷Unity技術勉強会 -Unity×Html/Unity 2D-」に行ってきました。
発表資料がとても勉強になったので備忘メモ。

スクリプトによるオブジェクト制御
http://t.co/nr34eNOD
※Unityの基本まわりの話

Unity×HTMLで作るiPhoneオンラインゲーム開発事例
http://t.co/nFel9G8T
※要件によってUnityのUIとHTMLとで使い分けた例

FlasherがUnityで2Dアニメーションに挑戦してみた
http://t.co/lTVLh7dL
※Unityで2Dアニメーションが結構いけるかもと思った例


今回思ったのは、

・要件によてHTMLとUnity UIを使い分ける
→HTMLを使うとUnity UIのようなフォントの制約がないけど表示に時間がかかる等、
 メリットとデメリットを頭に入れて使い分ければ良さそう

・2Dアニメーション事例
→Unity で2Dは苦手と言われるけど、やり方によるかもしれない。
 食わず嫌いは良くないので、小さくてもいいからとにかくやってみよう

ということでした。
考える前に動け! とは誰の台詞だったか。
とにかく手を動かしてみます。
posted by be-style at 13:55| Comment(0) | Study

2012年03月02日

[Study] 第2回 渋谷Unity技術勉強会xコロプラ事例発表 に行ってきました

UnityのTipsについて、知らないことや気づきがありました。

■処理が重くなる要素
(1) Update()のような毎フレーム処理内で、以下のオブジェクトを検索する命令は重くなる
・SetActiveResult()
・Find()
・FindWithTag()
・GetComponent()

(2) DataTime型/TimeSpan型は使用しない
→Time.deltaTime を使う

(3) RayCastの使用回数を節約する

(4) パーティクルは大きく、少なく

■バグTips ※機種依存
(1) Galaxy S 事例。Render Textureを使用すると落ちる
→Start()等であらかじめ設定するのではなく、必要な場合にだけ設定する。

(2) Galaxy S2 事例。1秒間で複数回audio.Play()を実行すると落ちる
→audio.PlayOneShot() を使用する

他にも知らない話を聞けたのでよかったです。
その話はブログで検証しながらお伝えします。
posted by be-style at 00:32| Comment(0) | Study