2020年11月09日

[Unity] VFX(Visual Effect Graph)を勉強する 〜Unity2020での導入〜

Unityで格好良いエフェクトを作れるというVFX Graph(Visual Effect Graph)を、VFX Graphの知識ゼロの状態から勉強していく過程を残していきます。



既存のパーティクルとの違いは?


エフェクトと言えば既にパーティクルがあるのですが、違いを調べてみると大きな違いはこんな感じ。

・パーティクル = CPUで実現(モバイルでたくさん描けないけど、どの機種でも表現できる)
・VFX Graph = GPUで実現(モバイルでたくさん描けるけど、機種によって対応していない)
※ググれば詳しい情報がヒットします
※スマホアプリで使うことを前提にしています



なぜVFX Graphか?


対応機種が増えてくるだろうし、これから多用されそうな気がするから。



導入してみる


@Unityをインストール
どうせなら現時点で新しいUnityを使おうということで、Unity2020をインストール。
スクショは「2020.1.12f1」ですが、実際に使っているのは「2020.1.9」。

20201108_1.png

Aプロジェクトを新規作成
将来的には、VFXを愚痴フリーで使いたいので、プロジェクトを新規作成するときは「2D」を選択。

20201108_2.png

BVisual Effect Graphをインストール
Window > Package Manager から、Visual Effect Graph を選んでインストール。
画面右に「Samples」とあるけど、VFXのサンプルをインポートすることが出来た(今回は無視)。

20201108_3.png

C早速VFX Graphを作ってみる
Projectウィンドウで右クリック > Create > Visual Effects > Visual Effect Graph を選択。

20201108_4.png

すると、「New VFX」というオブジェクトができます。

20201108_5.png

「New VFX」オブジェクトをHierarchyウィンドウにドラッグ&ドロップします。

20201108_6.png

すると、SceneウィンドウにVFXが表示されました。

20201108_7.png

DVFX Graphを確認する
Hierarchyウィンドウで「New VFX」を選択すると、Inspectorウィンドウに詳しい情報が表示されます。
その中の「Visual Effect > Edit」ボタンを押します。

20201108_8.png

すると、VFX Graphの中身が確認できるウィンドウが出現します。

20201108_9.png

基本的な使い方は、こちらの動画で紹介されています。




基本の4要素


VFX Graphで重要なのは、軸となる4要素です。
スクショでは上から順に

・Spawn = いくつパーティクルを生み出す
・Initialize Particle = どういう風にパーティクルを生み出す
・Update Particle = パーティクルを動かす
・Output Particle XXXX ※XXXX が何種類かある = パーティクルの見た目

となっています。
次回からは、このVFX Graphの使い方についてもう少し掘り下げていってみます。
posted by be-style at 22:09| Comment(0) | Unity

2020年09月20日

[iOS] Xcode12.0で「building for iOS Simulator, but linking in object file ... for architecture arm64」エラーの対処法

Xcode12.0にバージョンアップして作業していたところ、ビルドが実機では通るのにシミュレーターに切り替えたらエラーになる事があったので解決方法をメモ。

FIrebaseのSDKがひっかかった。
--------------------------------------------
ld: in /Users/[ユーザー名]/[プロジェクト名)/Pods/FirebaseAnalytics/Frameworks/FIRAnalyticsConnector.framework/FIRAnalyticsConnector(FIRAnalyticsConnector_e321ed8e3db06efc9803f6c008e67a34.o), building for iOS Simulator, but linking in object file (/Users/[ユーザー名]/[プロジェクト名)/Pods/FirebaseAnalytics/Frameworks/FIRAnalyticsConnector.framework/FIRAnalyticsConnector(FIRAnalyticsConnector_e321ed8e3db06efc9803f6c008e67a34.o)) built for iOS, file '/Users/[ユーザー名]/[プロジェクト名)/Pods/FirebaseAnalytics/Frameworks/FIRAnalyticsConnector.framework/FIRAnalyticsConnector' for architecture arm64
clang: error: linker command failed with exit code 1 (use -v to see invocation)
--------------------------------------------

TARGET > Build Settings > Excluded Architectures
の Debug と Release のに「Any iOS Simulator SDK > arm64」を追記することで、シミュレーターでもビルドが通った。

スクリーンショット 2020-09-20 12.51.09.png

参考:
https://stackoverflow.com/questions/63607158/xcode-12-building-for-ios-simulator-but-linking-in-object-file-built-for-ios
posted by be-style at 12:59| Comment(0) | iOS

2020年08月14日

[Unity] Unity2019.4のエディタで動くのにAndroidの実機でDynamoDB(AWS Mobile SDK for Unity)が動かないときの対処

Unity2017で作ったアプリをUnity2019で更新した時の話。エディタでは動くのにAndroidの実機でDynamoDBの関数を実行しようとしたら動かないことがあったのでメモ。

OS : macOS Catalina(10.15.4)
使用環境 : Unity2019.4.0f1

事の発端は、DynamoDBの関数を呼ぶところで謎のエラーが出たところから。
------------------------
ArgumentException: Object of type 'System.Object[]' cannot be converted to type 
'UnityEngine.AndroidJavaObject[]'.
at System.RuntimeType.CheckValue (System.Object value, System.Reflection.Binder binder,
System.Globalization.CultureInfo culture, System.Reflection.BindingFlags invokeAttr)
[0x00000] in <00000000000000000000000000000000>:0
at System.Reflection.MonoMethod.ConvertValues (System.Reflection.Binder binder,
System.Object[] args, System.Reflection.ParameterInfo[] pinfo, System.Globalization.CultureInfo
culture, System.Reflection.BindingFlags invokeAttr) [0x00000] in
<00000000000000000000000000000000>:0
------------------------

調べてみたら、AWSの公式プラグインではUnity2019には対応していないらしい。
参考: https://qiita.com/kosuke1113/items/904df92d444804d496c3

できるだけ簡単な対処方法を探していたところ、良いページを発見。
https://lhkmarcus.com/2020/04/05/how-to-use-aws-sdk-in-unity-2019/

このページを参考に、自分がやった事は以下の通り。

@link.xmlを確認。(変更なし)
実際に使ったlink.xmlはこの通り。

------------------------
<linker>
<assembly fullname="UnityEngine">
<type fullname="UnityEngine.Networking.UnityWebRequest" preserve="all" />
<type fullname="UnityEngine.Networking.UploadHandlerRaw" preserve="all" />
<type fullname="UnityEngine.Networking.UploadHandler" preserve="all" />
<type fullname="UnityEngine.Networking.DownloadHandler" preserve="all" />
<type fullname="UnityEngine.Networking.DownloadHandlerBuffer" preserve="all" />
</assembly>
<assembly fullname="mscorlib">
<namespace fullname="System.Security.Cryptography" preserve="all"/>
</assembly>
<assembly fullname="System">
<namespace fullname="System.Security.Cryptography" preserve="all"/>
<namespace fullname="System.ComponentModel" preserve="all" />
</assembly>
<assembly fullname="System.Configuration">
<namespace fullname="System.Configuration" preserve="all" />
</assembly>
<assembly fullname="AWSSDK.Core" preserve="all">
<namespace fullname="Amazon.Util.Internal.PlatformServices" preserve="all"/>
</assembly>
<assembly fullname="AWSSDK.DynamoDBv2" preserve="all"/>
<assembly fullname="AWSSDK.CognitoIdentity" preserve="all"/>
<assembly fullname="AWSSDK.CognitoIdentityProvider" preserve="all"/>
<assembly fullname="AWSSDK.SecurityToken" preserve="all"/>
</linker>
------------------------

AAWS for Unityのプラグインをダウンロード&インポート。
ダウンロード元: ※2020年8月13日現在 = aws-sdk-unity_3.3.796.0
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/mobile/sdkforunity/developerguide/setup-unity.html

zipファイルを解凍すると、各サービス用のUnityパッケージがあるので、その中の
「AWSSDK.DynamoDBv2.3.3.106.45.unitypackage」
をWクリックして、Unityプロジェクトにインポートする。

BAssets/Plugins/Android/AndroidManifest.xml を修正。
------------------------
<activity android:name="com.unity3d.player.UnityPlayerNativeActivity"
android:label="@string/app_name">
 ↓赤い箇所を削除
<activity android:name="com.unity3d.player.UnityPlayerActivity"
android:label="@string/app_name">
------------------------

CUnity2019用に修正されたSDKをダウンロード&解凍して、既存ライブラリを上書き。
このページにある「3.Download the fixed SDK here」から、Unity2019用に修正されたSDKをダウンロードする。
解凍すると、各サービス用にUnityパッケージがあるので、必要な分を選んで上書きする。
自分の場合は、link.xmlに記載されてあったサービスのを選んだ。

001.png

上書きされるのは、Unityプロジェクト内のAssets/AWSSDK にあるライブラリ。

002.png

これでビルドして実行したら、Androidの実機で無事DynamoDBが動作した!
本当にありがたい。

こうなるとUnity2020は、怖くて使えないなー。
posted by be-style at 00:45| Comment(0) | Unity